ポケモン 択について

 夏休みですね。みなさんポケモンGOやってますか?ちなみに著者はやりすぎて右手を負傷しました。萎えました。
 さて現在流行の最先端にいるポケモンgoですが、本家であるポケモンORASの方について書きます。
 僕が思うにポケモン対戦における敷居の高さと言いましょうか、ハードルの高さというのは一重にこの択についての考え方にあるのではないかと思います。
 将棋や麻雀のように一定数試合をこなさなければあまり深く考えて行動できない様にポケモンもまたある程度予備知識が無ければ立ち回り方がわからないことが多々あります。
 極端な例を挙げれば自分のポケモンと相手のポケモンとの素早さ関係、タイプ相性などといったものが挙げられます。
 しかしこの程度は誰でもすぐに覚えることが可能です。問題なのがこの先にある環境にあります。
 たとえばシングルバトルにおいてガルーラと対峙した際にどのような行動パターンを想定しなければならないか、ということを問います。
 パーティで見分けることもある程度可能ではありますが100%ではありません。
 このとき行動の道標となるのが環境にある訳です。要はあくまで環境にあります。
 8/2現在どのようなガルーラが多いのかを知っていればその多いガルーラを想定してやれば言い訳です。まぁ私クラスになると使用率の高いポケモンの覚える技、火力数値、行動パターンを瞬時に分析し最適な行動を選択できますが普通では不可能です。
 なので始めたての人は(SM買ってくださいね)環境を物差しにして立ち回るのが定石と言えますね。

 続いてはどの様にして環境を知るのか、その方法についてですが、有難い事にPGL (ポケモングローバルリンク)様で最近の環境を知ることができます。あくまでトップメタがメインなのでマイナーは諦めましょう。
 そして次に得やすいのはブログでしょう。あるいはesR(e-sportsRunner )様でしょう。※8/2現在シングルバトルの更新が無いためダブルのみ利用できます。
 ブログは細かいことまで細部書かれていますのでざっくりとしたPGLと比較すると参考になりやすいですが、母体数が多く調べるのが大変なのが難儀です。ですが私はブログの方をおすすめします。

 次に択についての話をします。
 上記の関門を突破したから択をマスターしたかというとそうではありません。あくまで土俵に立っただけです。
 重要なのは上記の前提知識の応用なのです。

 まず例題を1つ。
 自分 ガルーラヒードラン VGC2015準拠レギュ
 相手 ガルーラギルガルド
 条件:互いに持ち物技S関係不明。天候は普通。追い風やトリックルーム無し。どちらも後ろにランドロスがいるとする ガルーラは冷凍パンチ無し

 このときの自分側の行動を思考しもっとも最適な行動を答えよ。

 





 答 まずガルーラの行動ですが、後ろにランドロスが見える以上けたぐりは打てません。仮にけたぐり熱風を打ったとしても、ギルガルドの弱点保険が発動した場合一気にキツくなります。
   次に恩返しですが、これはランドロスにも一貫しており打ちやすいです。恩返し熱風でランドロスバックも怖くありません。ですが、ガルーラ守るギルガルド弱点保険発動→ガルーラ瀕死間際という展開もあるので一概に良い選択とは言えませんが、安定はしています。
   ガルーラが猫だましを選択した場合。仮にギルガルド方向に猫だましをしたときキングシールドされるとかなりキツいです。相手には不意打ち熱風が見えているので尚更。
   次にガルーラ方向。これはS関係に左右されますが決まれば猫+熱風あるいは身代わりでアドが取れます。
   次にガルーラをランドロスに交代する場合。ヒードランは威嚇の入ったガルーラのけたぐりは耐えるのでヒードランを動かしやすくなります。ただこのときギルガルドワイドガードの有無が判明していないので少しリスキーかもしれません。
   また、ガルーラのa-1けたぐりを受けるとヒードランは身代わりを張れませんので熱風かワイド透かしの大地しか打てません。

  以上よりもっとも通りやすい択は
  ガルーラ方向に猫だまし+ヒードラン身代わり
  になりますね。熱風を打ったときは弱点保険が
  怖いので。とはいえ向こうのガルーラがこちら
  のガルーラに猫しながらギルガルドが身代わり
  を張るパターンがキツいです。

  以上よりこの問題に正解はありません。ですが正解に近い回答は存在します。あとはそれが通るか通らないかの駆け引きです。
  つまり択とはこの思考の勝ち負けではなく思考できるかどうかにあります。
 出来ないと土俵にすら立てませんもんね。