読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【アローラダブル】萎えグッドスタッフR2 SMレート最高1859 

お久しぶりです。VGC2017のモチベが腐りました。

さて環境が大きく推移した現環境では、前回のような構築では勝てなくなりました。異常なまでのカプ・レヒレ、カミツルギの増加、天候要因の多様化やコケコライチュウなどの前環境を筆頭する構築の衰退と全然勝てないです。

[THE team]

f:id:denjihamokomoko:20161230133807g:plain

Garchomp @ Life Orb
Ability: Sand Veil
Level: 50
Shiny: Yes
EVs: 36 HP / 212 Atk / 4 Def / 4 SpD / 252 Spe
Jolly Nature
- Earthquake
- Fire Fang
- Substitute
- Protect

Tapu Lele @ Psychium Z
Ability: Psychic Surge
Level: 50
EVs: 96 HP / 4 Def / 144 SpA / 12 SpD / 252 Spe
Modest Nature
IVs: 0 Atk
- Psyshock
- Thunderbolt
- Moonblast
- Protect

Metagross @ Assault Vest
Ability: Clear Body
Level: 50
Shiny: Yes
EVs: 236 HP / 252 Atk / 20 Spe
Adamant Nature
- Meteor Mash
- Bullet Punch
- Earthquake
- Zen Headbutt

Gigalith @ Iron Ball
Ability: Sand Stream
Level: 50
Shiny: Yes
EVs: 252 HP / 192 Atk / 60 Def / 4 SpD
Brave Nature
IVs: 0 SpA / 0 Spe
- Rock Slide
- Wide Guard
- Heavy Slam
- Protect

Tapu Fini @ Choice Specs
Ability: Misty Surge
Level: 50
EVs: 252 HP / 252 SpA / 4 Spe
Modest Nature
IVs: 0 Atk
- Muddy Water
- Moonblast
- Dazzling Gleam
- Ice Beam

f:id:denjihamokomoko:20161208164115j:plain

Porygon2 @ Eviolite
Ability: Download
Level: 50
Shiny: Yes
EVs: 252 HP / 88 Atk / 4 Def / 8 SpA / 156 SpD
Quiet Nature
IVs: 30 Atk / 30 SpA / 0 Spe
- Return
- Trick Room
- Hidden Power [Fire]
- Recover

作成の流れ

まずWCSレート環境TOPに軒並み強い眼鏡カプ・レヒレを主軸に戦おうと決心しました。これが11月後半ぐらいだったでしょうか。

しかし、コータスドレディアヤレユータン、ポリ2オニシズクモなどレヒレでは太刀打ち出来ない構築が多く全然勝てず使うを止めました。

ところが、環境が開拓されるにつれて雨構築や砂ガブなどが増加して刺さってると認識し今に至ります。

よくレヒレにはキュウコンバイバニラが同時に採用される傾向がありますが、僕はそれを嫌いました。何も奇を衒う訳ではなく、そこまで吹雪を連打出来る環境ではないと思うし、よりコータスドレディアに対する勝率を下げる結果を招くだけだと考えたからです。

コータスドレディアに臆することなく安定した組み合わせに、鉄球ギガイアス+砂隠れガブリアスを捻出し採用。

上記の3体では対コケコライチュウが辛いのでカプ・テテフを採用しました。もともとこの枠には勝気チョッキプクリンを採用していましたが、威嚇を受けないと火力が残念なことと、Sが遅すぎるので上から集中攻撃されて仕事を遂行しにくかったのでテテフに変更しました。持ち物は様々なものを試しましたが、一番しっくりきたのはエスパーZだったのでそのままで。

この四体だけでもそれなりに強いのですが、このルールはすぐにフェアリー技が飛んでくるのでせめて構築に1体ぐらいはフェアリーに後出しでき、かつワンパンできるポケモンを採用する必要を考えていました。その条件を満たすポケモンメタグロスウインディを考えました。ウインディだと岩の一貫性を高め、岩雪崩を連打されるだけで試合が決まりかねないのでメタグロスにしました。持ち物はあらゆるフェアリーへの後出しを安定させるために突撃チョッキに。

最後に私はどんなルールであろうとも、中速ポケモンを採用する以上はスイッチトリルか追い風を採用しない理由は無いと考えているのでどちらかの採用をすることに。鉄球ギガイアスの存在からトリル優先に。ヤレユータン<ポリゴン2だと個人的に思っているので(理由を述べると長くなるので省略します)ポリゴン2を採用。DL対策にAが上がるように設定するプレイヤーの増加からトライアタック<恩返し。10万ボルトでは無くめざ炎なのは構築単位で重いカミツルギを意識しての物です。余談ですが避雷針の隣にいるテッカグヤを殴ることがあるのでワンチャン役に立ちます。

基本選出 VSコケコライチュウ

構築にも依りますが、基本的にギガイアスガブリアスポリゴン2カプ・テテフで問題ないです。ワイガ身代わりで主導権を握れば勝てます。

     VS砂ガブ

ばりキツいです。うまくコケコから逃げながらカプ・レヒレの攻撃を通していかないと勝てません。粉ガブは運負け主張しましょう。

     VSぺリ雨

うまく天候を取りながらレヒレの濁流連打に努めましょう。雨カミツルギは辛すぎてどうしようもないです。

     VS太鼓暗示

無理。解散。砂隠れに期待するプレイングになります。

 

 

カミツルギが数を増やしすぎて辛いのでここで構築を棄てます。

ある程度煮詰めていたと思いましたが、まだまだ改善点を払拭できていないということを思い知らされました。

 

このルールはモチベがほとんどないのでこの構築が最後になると思いますが、まだいくつか構築案はあるのでほしい方はtwitter@mj_sak1まで